ローズフォーエバー(四季咲きミニバラ)

四季咲きミニバラ

童話作家アンデルセンを育んだデンマーク発のバラのブランド「ローズフォーエバー」
その特徴はフォーエバーの名が示す鑑賞期間の長さです。
四季咲き性があり、花もちが良く長く楽しめる品種です。

チューリッヒ フォーエバー

ピサ フォーエバー

ニューカナツェイ フォーエバー

ニュートゥルース フォーエバー

ニューヨーク フォーエバー
ニューヨーク・フォーエバーはクラシックなバラで、その名の通り、ニューヨークシティとニューヨークにちなんで書かれた多くの名曲にちなんで名づけられている。育種家ローザの処女作であり、この品種がローズフォーエバー成功の始まりである。

モスクワ フォーエバー
モスクワ フォーエバーは、ロシアでは非常に人気がある品種で、毎年3月8日に開かれる国際女性デーのために販売されている。この日はロシアでは休日にあたり、多くのロシア女性にプレゼントとして贈られている。

メッシーナ フォーエバー
シチリア北東部の港湾都市メッシーナは、育種家ローザの母の生まれ故郷。この温暖な地域からスカンジナビア半島へ輸入されるオレンジのような色をしていたことから、メッシーナ フォーエバーと名づけた。

コリントス フォーエバー
コリントスは有名なコリントス運河のあるギリシャの美しい都市である。育種家ローザは何度かここを訪れていて、家族と一緒に遊航したときに、この品種が育成された。

ニューイビザ フォーエバー

キューバ フォーエバー

バリバイナイト フォーエバー

バリ フォーエバー

バミューダ フォーエバー
さまざまな人の要望に応えて、長年ローザが意欲的に育種に取り組んできたが、2007年にようやく作出されたレッドとイエローの花弁が混じった特徴のある品種。

ホットイエロー フォーエバー
大輪の花に、真のイエローともいえる濃いイエローの花弁を有する。イースターの飾りつけ用途としてヨーロッパで人気がある品種。

カナツェイ フォーエバー
カナツェイとは、イタリア北部のアルプス山脈にあるスキーリゾートの地名で、育種家ローザ自身何度かカナツェイを訪れたことがある。真っ白な花弁がカナツェイで見た新雪のようであったことから引用した。

アンティーブ フォーエバー

バリサンシャイン フォーエバー

PAGE TOP