ローズフォーエバーとは

なぜ、バラはいつの時代においても人々を魅了し続けるのか・・・。

幾年もの月日を得て、数々の育種家の偉業により、様々な品種が生み出されてきました。
しかし、日本において、バラがいまのように「花の女王」として愛好されるようになったのは明治以降のことです。明治維新後、モダンローズの先駆けである「ラ・フランス」が農業試験用として栽培されたのが始まりで、依然として、バラは一部の人々にしか許されない「高嶺の花」でした。

バラは贈る人が贈りたい人に伝える最高のメッセージである。

バラは過去から現在に至るまで、ガーデンにおける栽培が主流でした。多種多様なガーデンローズは、見た人の心を捕えて離さないでしょう。

一方、ガーデンローズを栽培する庭はないが窓辺でバラを飾りたい、バラをもっと身近に楽しみたいという方は世界中に多くいらっしゃいました。ローザは小さなポットでも多くの花を咲かせ、四季咲き性を持ち、1日でも永く咲くことを目標にバラの品種改良を重ねてきました。ローズフォーエバーは、私たちがポットローズに求めてきた要素を余すことなく詰め込み、言葉の通り、 “永遠に”という育種家の思いを実現する、ポットローズブランドとして世に送り出されました。
その後もローザの育種は進化を続け、従来のバラの概念さえ超越する新たな品種開発へのステージに入りました。

その代表例が・・・

インフィニティ® ローズ

従来の常識を覆し、花もちする究極のポットローズブランド

スウィートホームローズ

まるで花束のようにコンテナ栽培ができるガーデンローズブランド

それらはメディアにも大きく取り上げられ、世界で愛されるブランドとなっています。
日本ではローズフォーエバージャパンが種苗会社、生産者グループにより結成され、ローザの輝かしい品種を日本のユーザーのみなさまへお届けしています。

PAGE TOP